アルバイト風景

人気記事ランキング

ホーム > 産み分け > 妊活でのポイントと注意点をまとめてみた

妊活でのポイントと注意点をまとめてみた

「妊活ってそもそもなんなの?」というと、文字通りの意味で、妊娠するためにする、さまざまな活動を含めて使われる言葉です。

 

当然のことですが、性交すれば百パーセント妊娠するワケではないので、新しい家族を授かりたいと思っている二人にとって妊娠しやすくするためになされる方法ということです。

 

ちなみに、妊活の定義はそれだけではなく、ゲンキなコドモを授かるための種々の方法のことも指すんですね。

 

 

妊活での精神的ストレスについて

妊活はきついことも多いのでその最中は心身供に打たれ弱くなってしまいます。

 

結果が長らく出なければ、場合によってはうつ病になってしまうこともあります。不妊の最大の原因はストレスだとも考えられています。

 

 

不妊治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)を辞めたことでストレスが排除され、間もなく妊娠することが出来たという人はよくいます。

 

必死に男女産み分けをすることで、心配事を増やしてしまう事がないように意識的にストレスを解消しながらつづけましょう。

 

昨今の日本では、妊活に悩まされている夫婦が少なからずおられると思います。

 

 

 

少子高齢化が憂慮され、希望しているのにコドモが出来なくて悪戦苦闘している夫婦は増えつつあります。

 

そうなると、政府はもっと力を入れてもっとコドモがつくりやすく育てやすい環境を持った国にしていくべきではないかって思ってしまいますよね。。

 

 

妊活に疲れた場合は休むことも考えて!

男女産み分けに限らず、妊活作業自体が長くなってくると、精神的、または肉体的に弱くなってしまいがちです。

 

ストレスは生殖機能に悪影響を及ぼすので、妊活することが結果として逆に妊娠しにくくするという悪循環になってしまう可能性があります。

なので、思い切って妊活を中断することを決めた方が逆に良いということもあるんですよね。。

 

例えば、産み分けもそうです。

妊活しながら同時に男の子と女の子を産み分けしようと試みる夫婦いらっしゃるんですが、産み分けにこだわりすぎるとなかなか子供を授かれないという状況にもなりかねません。

 

そういう場合は、あまりこだわらずに産み分けゼリーだけを使うというのもポイントの一つですね。

 

産み分けゼリーについては、下記のサイトにすごく詳しく比較記事がのってますので興味があったら参考にしてみてください。

 

参考サイト:ピンクゼリーを徹底比較!おすすめの女の子産み分けゼリーはこれ!

 

現実に、産み分けゼリーだけにしぼって、妊娠と同時に男女産み分けにも成功したという人も多数いるようですよ。

 


適度にストレス解消を意識しましょう

とりワケ男女産み分け中は、出来るだけストレスを溜めこまないことが重要です。

なので、お風呂でリラックスすることは大事ですが、体への負荷を少なくするということを考えた場合、お湯の温度が高すぎたり、入浴時間が長くなりすぎるのを避けましょう。

 

実は、熱は良くない影響を体に与えます。

 

 

受精卵や胎児の細胞分裂を促す働きがあるため、子つくりの計画段階にも摂取が推奨されている葉酸ですが、日常的に葉酸がふくまれたサプリを摂取した場合の効能は血液検査で容易に調べられます。それに、葉酸のほかに注目しておきたい検査結果の値としてはビタミンB12があるのです。

 

なぜなら、ビタミンB12も葉酸と供に大事な栄養素なのですが、葉酸が過剰に摂取されると、ビタミンB12不足が判断しにくくなってしまう事があります。

 

 

不妊症の場合の妊活での注意点

不妊症があったうえで妊活を行うという場合、妊活も長期化しすぎると、心身供に耗弱してしまいます。

 

ですから、何年と期間を決定して、徹底的に夫婦で協力してやっていこうという感じで最初の段階で話し合っておくのがいい形かもしれないでしょう。

 

期間を定めておくことによって、夫婦でよく話し合って決めたことだから腹をくくってやっていこうというポジティブな気持ちが持続するのです。

 

 

 

真剣に妊娠を計画している方は、きちんとした専門機関で必要な検査を受けておくのが好ましいです。

 

 

体に問題が発見されない場合でも医師や専門家から男女産み分けに適したアドバイスもして貰えますし、基礎体温から排卵周期を知って性生活をもつタイミングのアドバイスもして貰えますから、妊活を始めるにあたっては自発的に産婦人科を利用し、効率的な妊活をすすめてみましょう。

 

 

体を冷やさないようにしましょう

少しずつ暑さが増してくると知らず知らずのうちにキンキンに冷えた飲み物を飲みたいと思いがちですが、普段はもちろん、妊活している時にはなるべく体の冷えを招く飲み物というのを避けるほうがいいといえるでしょう。

 

 

それとは逆に、温かい物を飲むようにすれば血液循環が改善して、妊娠に重要な役目を果たすホルモンの働きもよくなります。

 

飲み物も重要ですが、その他の生活すべてにおいても、いつも体を温かくするよう気を付けましょう。男女産み分けの最中は習慣的に飲む物にも配慮が必要です。

 

飲み物にカフェインが入っていた場合には、着床の阻害や冷えの一因となるため妊活をしている時には避けた方がいいでしょう。

体を温めるお茶で、しかもノンカフェインのものが最適です。

 

ミネラルが多くふくまれているルイボスティーであったり、漢方薬(西洋薬と併用する場合には、漢方医や薬剤師に相談した方がいいですね)として使われることもあるたんぽぽ茶などが良いと思います。

 

 

 

葉酸を摂取することは、妊娠している女性は当然の事、妊活最中の方にも、本当に必要とされる栄養成分だと言われます。加えて葉酸は、女性ばかりか、妊活を頑張っている男性にも摂っていただきたい栄養成分なのです。

 

男性が高齢だという場合、女性なんかより男性の側に問題があることが大半なので、マカサプリにプラスしてアルギニンを主体的に摂ることで、妊娠する可能性を高くなるようにすることをおすすめしたいと思います。

 

 

妊活に必須の葉酸摂取!

このように妊娠希望の方や現在妊娠中の方なら、何としてもウォッチしておいてほしいのが葉酸なのです。

評価が高まるに従って、多様な葉酸サプリが売りに出されるようになりました。

 

葉酸に関しましては、妊活している時期から出産後迄、女性にとりまして不可欠な栄養素だと考えられています。

無論、この葉酸は男性にも絶対に摂取してほしい栄養素だと言って間違いありません。

 

偏食しないで、バランスを最大視して食する、適度な運動を行なう、英気を養えるだけの睡眠を心掛ける、酷いストレスは回避するというのは、妊活じゃなくても当然のことなんですね。

 

 

妊活のまとめ

子供を生みたいと、不妊治療を代表とする“妊活”に取り組む女性が増えてきました。

そうは言っても、間違った不妊治療では結果が出る可能性は、残念ながら低いというのが現状なのです。

正しい知識をつけ、正しいやり方で妊活を進めましょう。
気を張りすぎずにリラックスして進めるのが赤ちゃんを授かるコツでもありますよ^^