アルバイト風景

人気記事ランキング

ホーム > 妊活サプリ > 葉酸の含有量が多い食材は?

葉酸の含有量が多い食材は?

大きくなってきたお腹を見ると、最近まで不妊治療に通っていたのが嘘のようです。

 

妊活中の友人たちと同様、結婚後3年を前に不安になったんです。タイミングがわかるよう基礎体温アプリを使ってみましたが、一向に妊娠の兆候が見られなくて、同年代のご夫婦が子供を連れてる姿を見るたびに、このままだったらどうしようと落ち込みました。産婦人科の検査はドキドキしましたが、おかげで何が原因かも判明し、排卵誘発剤で様子を見ることになりましたが、基礎体温表をつけていたのもあり、比較的早く赤ちゃんを授かることができました。病院に根拠のない抵抗感を持っていたのは間違いでした。もっと早く来たかったですね。

 

葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている方もいますよね。一般的には妊娠前から妊娠3か月の間、葉酸を摂ることが推奨されています。

 

ところで、この期間を過ぎた後、具体的には妊娠中期から後期の妊婦にとって、葉酸は無くても良いのでしょうか。妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、そうではないのです。

 

赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを減少させるという有効性に限った話では、皆さんがご存知の「妊娠前から妊娠3ヶ月まで」が最も注意する期間ですから、妊娠3ヶ月までの葉酸摂取を特に推奨している訳であって、決して葉酸摂取の期間を限っているのではありません。

 

葉酸の摂取について、最も理想的なのは食事で摂る事です。

 

葉酸の含有量が多い食材は、モロヘイヤ、小松菜、菜の花などが有名ですし、それ以外では納豆、枝豆、魚介類ではホタテといった貝類も多く含まれています。ですが、こうした食材を毎日調理して食べるのが困難な方も多いと思います。

 

普段の生活や体調によっては無理をせずに、是非、サプリメントを利用してみてください。サプリメントであれば簡単に摂取できるという訳ですね。

 

不妊サプリは男性男性にもおすすめ!